津軽三味線小山会

平成最後の4月14日(日)、浅草公会堂にて第55回小山会特別記念公演が開催されました。快晴の暖かいお日柄に恵まれ、お客様は会場入口前に早くから行列をなして開場を待ちわびておりました。 特別記念公演ということもあり、満席で迎えた公演は大盛況の幕開きとなりました。

第1部のオープニングは総勢200名による「二上がりメドレー」、「緋の段」、「民謡メドレー」で華やかに開幕 その後、民謡歌手の方々による民謡の数々が紹介され、会場の雰囲気も曲に合わせて体を揺らす姿が多く見られました。

黒石八郎さんの漫芸で会場は笑いに包まれて和やかに 。

 白戸久雄さんと知也さんによる親子競演は家族の温かさが伝わりました。

第2部は、師範以上の奏者による 55周年記念民謡55曲メドレーで幕が開き、お客様にはまさに夢のような民謡・民謡また民謡で日本あちこち旅行をして頂きました。

石川喜代美さんによる「秋田荷方節」

小山みつなさんによる「津軽三下がり」

佐々木理恵さんによる「じょんがら口説」

師範以上の奏者による「くじすけ」の合奏中の竜浩師匠

番組はいよいよ後半を迎え、総師範による「津軽じょんがら中節」と「津軽よされ節」の合奏が披露されました。総師範が居並ぶ姿は壮観でした。

小山会青年部の奏者による競演は個性溢れる魅力的な演奏で観客を魅了していました。

最終コーナーは「伊藤多喜雄コーナー」で、最初は「津軽じょんがら節」をご披露。魅力ある通る声で訴えるような唄い方に大きな拍手が送られました。

続いてお得意の「タキオのソーラン節」は、200名の奏者が舞台はもちろんのこと、会場内通路に居並んでの演奏と唄の合の手の「ソーラン、ソーラン」「どっこしょ、どっこいしょ」の大合唱と共に会場は唄の漁場となりました。

竜浩会女性奏者が凛々しく演奏中

フィナーレの合奏は「津軽じょんがら新節」で華やかに弾き納められました。竜浩師匠は長丁場の演奏お疲れ様でした。

司会者による高らかに、そして華やかに、また、来年の小山会でお会いしましょう!

平成31年度 武花会 新年会

平成という元号最後の年が明けました。改めまして、明けましておめでとうございます。本年も武花会&竜浩会をよろしくお願い申し上げます。

1月20日(日)、川崎日航ホテルにて武花会の新年会が催されました。例年ながら、武花会の新年会の度に、その年がスタートするとの気持ちが致します。

会場の写真をいくつか載せますので新年会の雰囲気が伝われば嬉しいです。

新年のご挨拶に続いて、ご来賓の方々のご挨拶やご祝辞を頂戴し、皆様にはお食事を楽しみながらのアトラクションとなりました。

アトラクションの締めは、お家元烈子先生と二代目千草先生による「南部俵積唄」が軽快な伴奏に乗せて唄われ、目出度く唄い納めとなりました。

唄い納めてお二人は閉会の辞を述べられ、盛大な三本締めのお手拍子と共に平成締めの新年会もお開きとなりました。

来年は新元号の新年会になりますが、お楽しみに・・・!

竜浩会忘年会

12月16日(日) 川崎駅にほどちかい「鳥元」において竜浩会の忘年会を行ないました。日頃のお稽古の慰労と反省会を込めて毎年恒例で行なわれますが、楽しい時間を共有しながらも今年を振り返り、去年の抱負を実現した人、来年に持ち越しの人、それぞれの思いの言葉を交わしながらも新たな気持ちに切り替えてのひと時を過ごしました。

乾杯の発声の後に運ばれてきた鳥づくしのお料理を、お喋りに挟み込みながら、飛び交う笑い声の渦に日頃のお稽古の雰囲気はどこへやら・・・。

まずは、真面目な素顔にて・・・
早くお鍋が食べたいな~

ここまでの模様は次のビデオをご覧下さい。        

忘年会は師匠の「気持ち新たに来年も楽しくお稽古に励みましょう」の言葉で締め括られ、飲み足らない、話し足らない、時間だけはある、という有志が二次会の会場に移動しました。

なにはともあれ、楽しく無事に今年も暮れそうです。来年はいろいろな催し物がありそうな気配ですが、また、あっという間の一年になりそうです。

みなさん! よいお年をお迎え下さい!!!

鳥丸ゆみさん審査員特別賞受賞!

小山竜浩師匠の弟子で現在アメリカオレゴン州ポートランド在住の鳥丸ゆみさんは、現地で和太鼓グループ「太鼓八」(たこはち)をhttps://www.takohachi.org/主宰していますが、この度、インターネット篠笛コンテストに参加し、課題曲:江戸囃子(朗童・六本調子・お囃子用)で見事に審査員特別賞を受賞致しました。

12月9日(日)東京青山「月見ル君想フ」にて開催された「篠笛フェスタ2018発表会」において受賞のために来日し、受賞記念に自由曲:宇宙の鳥(そらのとり)の演奏を披露致しました。

竜浩師匠と小山浩音さんの伴奏が、篠笛の麗しい音色を一層華やかに引き立てました。

各受賞者の演奏が終了し、全員による迫力ある演奏と共に各受賞者の改めての紹介があり、フィナーレを飾るにふさわしい笑顔一杯のステージにお客様から大きな拍手が送られました。

小桜舞子コンサート~熱唱! よされ三味線~

10月20日(土) 「小桜舞子コンサート」が、神奈川県藤沢市の湘南台文化センターで行なわれました。演歌歌手の小桜舞子さんは、子供の頃に演歌より先に民謡を唄って歌手になる素地を作り上げたようです。やがて、1992年NHK勝ち抜き歌謡選手権で優勝、翌1993年同グランドチャンピオンに輝き、更に、1994年NHKのど自慢大会(神奈川)で優勝、1995年NHKのど自慢グランドチャンピオン大会に出場、と、続く記録から今に至る道筋が培われたのでしょう。

そして、津軽三味線を小山竜浩師匠に師事して芸域の幅が広がると共にファン層も次第に厚みが増し、会場はいつもファンの熱気で溢れ、送られる声援の中には絶叫が聞かれるほどに熱いのです。

さて、今日のコンサートは二部構成でした。竜浩師匠率いる竜浩会は、二部の最初の津軽三味線組曲コーナーに参加させて頂きました。「よされ三味線」と「母娘じょんがら」です。

まずは、リハーサルの様子からご紹介致しましょう。

そして、本番さながらの最終リハーサル。

そして、本番となり、幕開き前に竜浩師匠の声と共にじょんがら節が一声に響き渡り、やがて幕が開いて三味線はじょんがら節から「りんご節」に替わり、舞子さんが「りんご節」を唄い始めると会場からの声援! 舞い落ちる雪を受けながらの舞台背景は、まさしく津軽三味線組曲にふさわしい景色でした。唄い終わると舞子さんは三味線を構えて続くじょんがら節を合奏しました。

じょんがら節を弾き終えると「よされ三味線」の前奏が始まり、舞子さんの綺麗で魅力溢れる歌声がお客様に向けて送られると大きな声援となって返ってくるという盛り上がり様でした。

ここで舞子さんから竜浩会の紹介をして頂きました。

竜浩師匠に何やらの問いかけを・・・。軽妙洒脱な短いやりとりは会場の雰囲気が一層和らぎました。

続く「母娘じょんがら」も津軽三味線のじょんがら節に導かれながら歌う舞子さんの魅力ある歌声に会場の方々から熱い声援が送られていました。

そして、津軽三味線組曲コーナーのフィナーレを迎えます。

コンサートは次のコーナーに移ります。

司会者の東 玉助師匠との洒落たやり取りも人気の一つです。

その後に数々のヒットパレードがご披露され、惜しまれながらの歌い納めの幕となりました。

津軽三味線組曲コーナー終了時の記念写真です。

華やかで楽しい舞台の一日でした。小桜舞子さんのこれからのご活躍を竜浩会一同心よりお祈り申し上げます。また、ご一緒する日を楽しみにしています。

創流60周年記念 房静流民舞発表会 ~踊りの祭典~

9月29日(土)と30日(日)、神奈川県横須賀市文化会館(大ホール)にて二代目宗家須藤房静師匠による房静流民舞の発表会が行なわれました。二日目の30日(日)、武花千草先生が唄を、そして小山竜浩師匠が三味線伴奏としてお二人揃って「歌と踊りの競演」コーナーにて特別出演の舞台に立たれました。

このコーナーの最初の曲は「新タント節」でした。

踊り手の舞いが華を添えて・・・

続いて「南部俵積み唄」が竜浩師匠の三味線から奏でられると、房静師匠と社中の方が舞台中央に舞い出て、明るくも目出度い雰囲気で華やかに。

そして、子供たちも踊りに加わった「花笠音頭」はお賑やかに・・・。

続く「帆柱起し音頭」も子供たちが中心の踊りで、特に中央の小さな女の子に会場の頬は大きく緩んでいました。

ここで武花千草先生の登場です。「会津磐梯山」の唄声が高らかに、伸びやかに響いて踊り手の舞いも乗って軽やかに。そして、このコーナーのトリは、武花千草先生の津軽小原節がご披露されましたが、途中、お里と盲目の沢市の物語で有名な壷坂霊験記の物語を浪曲の語りで織り込み、房静師匠が舞うという大仕掛けの趣向の大作でした。

幕が下りると武花千草先生に花束が贈呈されました。

そしてご挨拶を述べられてこのコーナーは幕となりました。

これからも房静流民舞研究会の益々のご発展を御祈念申し上げます。

響け民の歌声・和の共演 篁会20周年発表会

9月24日(月・祭日) 神奈川県横浜市の鶴見公会堂にて尺八・篠笛奏者の篁(たかむら)竜男先生と民謡歌手の奥様の紺野初美先生による芸歴100年と題した発表会が催されました。プログラムは6部構成で、多くのお弟子さんによる唄・尺八・三味線の演奏で華やかな舞台が展開されました。

第5部の「会主コーナー」では篁先生ご夫妻による共演のコーナーで、まずは、篁 竜男先生による尺八演歌2題が演奏されました。続いて、バックで流される演奏を伴奏として、尺八と篠笛の使い分けによる「そうらん節」、「八木節」、「金比羅船々」、「黒田節」が披露され、拍手喝采を浴びました。

次のコーナーでは、尺八と筝との共演の「田毎の月」(たごとのつき)という曲が演奏されましたが、日本の原風景を見事に表した心に響く美しい旋律は、どこか懐かしい想いを髣髴とさせる素晴らしい曲でした。

続いて、奥様の紺野初美先生のコーナー「民謡・幾星霜」は、「豊後よさら」、「新潟おけさ」、「宮津節」がご披露され会場から惜しみない拍手が送られました。

第6部の「特別出演」コーナーには民謡歌手3名が招かれ、その中の一人が武花千草先生でした。それぞれの唄い手さんは3曲ご披露されましたが、1曲目は大阪復興を祈念して大阪の民謡が、そして後の2曲はそれぞれのお国の唄がご披露されました。

武花千草先生が唄われた大阪の民謡は、「妙国寺節」という非常に珍しい民謡で、恐らく、会場にお見えのお客様も初めて耳にされた民謡と思います。千草先生ご自身もこの日のためにこの曲を勉強してきましたと仰っていましたので、これから後に続く民謡の道を志す人たちのためにも良い曲を発掘されていることが窺われました。

2曲目と3曲目は、ご両親の生まれ故郷の秋田県の民謡の「秋田馬子唄」と「秋田荷方節」がご披露され、声量タップリの聴き応えある唄声が会場一杯に響き渡りました。

篁会が今後も益々ご発展されますことをお祈り申し上げます。

杉淵民謡会 秋季 民謡まつり

9月9日(日) 神奈川県横須賀市衣笠の衣笠はまゆう会館大ホールにて開催されました。第三部<民謡ゴールデンショー> に武花烈子先生と千草先生が唄のご披露をされました。

まず、千草先生が小山流津軽三味線の小山 貢家元の伴奏に乗せて「本荘追分」を朗々と唄い上げ観客を魅了しました。

続いて2曲目は、須藤房静師匠の踊りを添えて「日本一の数え唄」を乗りのよい調子で唄われました。

舞台の替わり目に司会者が次の出演者をざっとご紹介しますが、民謡日本一になられたこと、そして民謡会の重鎮であるとして紹介されたのが武花烈子先生でした。最初に「北海三下がり」を、そして「新米山甚句」を唄われましたが、さすがの貫禄の唄声は魅力に溢れていました。

民謡は本当に心が和みます。

 

武花烈子・千草後援会年次総会&パーティー

7月8日(日)17;30よりサンピアン川崎にて武花烈子・千草後援会の年次総会とパーティーが開催されました。

後援会長のご挨拶に始まり・・・

武花流民謡家元の武花烈子先生と二代目武花千草先生のご紹介を受け、烈子お家元よりのご挨拶、続いて千草先生よりのご挨拶があり、お二人のご挨拶にはそれぞれの思いが込められており、52年に渡る武花会の歴史は武花会を支える後援会の皆様と会運営に係る役員の皆様の並々ならぬご支援の賜物であると心よりの感謝が述べられました。

武花栄風先生が年次総会を総括してお話をされましたが、武花会創設から今日に至るまでの時代の流れと共に歩んできた武花会と民謡の変遷と最近の武花会の様子が述べられました。特に、今年の武花会民謡祭りにアメリカのポートランドから二人の女性が参加のために来日されたことは、武花会始まって以来の出来事であり、民謡がはるか海外にまでに広がって行く事に大きな喜びを感じると感慨深げにお話をされました。

また、インターネット時代は武花会にも新しい風を吹き込み、来日された女性の一人はテレビ電話による竜浩師匠から津軽三味線を、他の方は同じく千草先生から民謡を習われていると笑顔でお話をされました。更に、つい最近、カリフォルニア在住の女性が千草先生から民謡を習われていることで、今後の武花会の行く末が楽しみであると締め括られました。

各位のご挨拶が終わり、乾杯と共に和気あいあいのうちに食事とお待ちかねのパーティーが始まりました。まずは、烈子先生よる「出船音頭」が竜浩師匠と竜浩会社中女性チームの伴奏で明るく唄われ・・・

続いて、千草先生の「津軽あいや節」の唄声が力強く響きました。

舞台をお楽しみ中の皆様方。

数々の唄が披露され、津軽三味線の演奏となりました。「津軽じょんがら節」、そして趣を変えて「上を向いて歩こう」、「東京五輪音頭」などがご披露され、この様なパーティーならではの和んだ舞台風景となりました。

宴もたけなわ。と、千草先生が烈子先生と共にマイクを手に舞台中央に。千草先生の母であり民謡の師匠としての烈子先生への思いを語りながら、皆様からのリクエストにお応えして二人で交互に唄いますという特別に粋なお計らいでしたが、お話をされている途中で千草先生が烈子先生の手を優しく握られたのが、とても感動的で強烈な印象として残りました。

千草先生には烈子先生のお腹の中にいる時から民謡を聴き、2歳で初舞台を迎えて以来、今日までの人生に万感の思いがあったことは語る表情から十分に読み取れましたが、自分が幼い頃は母が自分の前にいて手を引いてくれ、そして、今は自分が前になり母の手を握る思いとは・・・。

母が幼い子を握る手は、導くために自分の手のひらと子供の手のひらをしっかりと合わせた握り方になるものですが、舞台の千草先生の手は母の手の甲を上から優しく添える様に握っています。母をいかに労わっているかが分かります。

今回撮影した多くの写真の中で、最も感動的で素晴らしいシーンと思います。

「民謡」って何ですか? と聞かれたら、その手の繋がり方が答えになるのではないでしょうか。

客席テーブルから「秋田船方節」、「南部じょんがら節」、「長者の山」、「道南口説き」の声が次々とあがりました。まずは、と、その前に烈子先生の「河内音頭」がご披露され、続いて千草先生から来年の秋田民謡大会の課題曲の「生保内節」がご披露されました。その後に順次リクエストに応えて竜浩師匠と社中の皆さんの伴奏で客席は大喜び。

楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。パーティーの締めはクイズ大会で盛り上がりました。クイズは2問。各テーブルごとのキャプテンが代表してクイズに答えます。同点の場合には最後に烈子先生とじゃんけんで決めるというルールです。景品は浴衣が2着です。

結果は以下のお二方にきまり、頂いた浴衣を重ね着してご披露しているところです。

そして、記念に合唱。お二人さんは満面の笑みで唄っていました。

そして、華やかに、賑やかに年次総会はお開きとなりました。

また、来年もお楽しみに!

40周年記念 日本郷土民謡協会 神奈川地区連合大会

6月10日(日) 神奈川県横浜市保土ヶ谷公会堂において、一般社団法人・日本郷土民謡協会主催の郷土民謡の祭典! 「神奈川地区連合大会」が催されました。数多くの会派から日頃の唄の精進の成果をコンクールで発表するために大勢が参加され、楽しくも緊張感溢れる舞台が展開されました。

武花会から参加された方々と唄付けで伴奏した竜浩会の方々を中心に多くの写真をご紹介致しますが、全てを網羅することができませんでした事をお詫びしながらもご了承をお願い致します。

唄コンクール1部

唄コンクール2部

ここで支部推薦(1)として合奏・合唱が4つ演じられました。

その後、式典、永年表彰、功労表彰が行なわれ、武花会から武花烈子家元が永年表彰を、同じく、武花紫緒希先生、高田武幸さん、武 勢織さんが功労表彰をそれぞれ授与されました。

昼食後、オリンピック・プレゼンテーションの合奏曲「六段」が、約50名ほどの津軽三味線によって大合奏されると会場からアンコールの声が飛び、重ねての演奏が会場を迫力の渦に巻き込んでいました。

舞台は替わり「二人の絆」コンクールとなりました。二人がペアーとなって唄の絆を競うという企画で27組が参加されました。

二人の絆コンクール

支部推薦(2)では、武花千草先生の唄と竜浩師匠と小山浩梅さんの三味線伴奏によって仙華くらぶの「北海ヤンレサ節」の踊りが披露されました。

続いて「民謡百花繚乱」は、神奈川地区連合会の青少年・若手メンバーと一般募集の青少年混成による民謡民舞10曲が連続で披露されました。

武花千草先生と子供たちによる「八木節」

武花麻梨乃さんが千草先生と入れ替わり 「三崎よささ節」

ここで竜浩師匠と澤田勝成先生による津軽三味線の迫力ある競演から放たれた響き渡る音色とリズムが観客を釘付け!

緊張感溢れる舞台から一転して子供たちの背勢ぞろい。なんとも可愛らしい舞台に瞬く間に会場は和んだ空気が充満。

武花千草先生の唄と武花麻梨乃さんの踊りによる親子の「秋田おばこ」は微笑ましい景色。

幕が下り、これからの舞台が変わる雰囲気が会場に伝わります。司会者が初代名人位を受賞した澤田勝秋先生のご紹介をし終わると、幕が上がり、舞台中央の澤田勝秋先生による「澤田勝秋の世界」が始まりました。お国言葉の津軽弁は優しくも温かく、軽妙洒脱な語りは会場から多くの笑いを誘いつつ、「津軽じょんがら節」の演奏が始まると会場は凛とした雰囲気を醸し出しました。その後の「津軽山唄」の弾き唄いは、やはり津軽の人でなければ出せない心意気を感じさせました。

澤田勝秋先生による「秋田荷方節」の伴奏に菊池杜支朗先生が唄います。

華やかな舞台の後は唄コンクールが始まりました。

唄コンクール3部

唄コンクール4部

唄コンクールの全てが終了して、全国・春季両タイトル戦となりました。

支部推薦(3)となり、武花会による「やん衆音頭」の合唱が披露されました。

喜多國社中による「喜多國のソーラン節」の合唱と踊りに、武花千草先生の唄と竜浩師匠の三味線が加わり、華やかな舞台となりました。

続いて司会者から記録保持者のご紹介があり、神奈川地区連合の歴代チャンピオンとして第31回、33回、37回大会優勝者の池上武凜さんが「秋田小原節」を熱唱!

神奈川地区連合大会の締め括りはなんと言っても民謡界の屋台骨を支える歌手によるゴールデンショー!

トップバッターは武花千草先生の「北海浜節」。朗々として滔滔たる唄声は、心に染み入り、酔わせてしまう魅力に溢れています。

トリは武花烈子家元による「新米山甚句」。日本の民謡界を背負ってきた歌声は、民謡そのものを語っているかの様に聴かせます。

華やかなゴールデンショーの次は入賞者表彰式。

武花会の武 勢織さんが唄コンクール3部で優勝しました!                   おめでとうございます!

その後、それぞれの部門の入賞者、総合準優勝者と優勝者が発表され、それぞれが賞状を授与され表彰されました。みなさん、本当におめでとうございます。

閉会の辞が述べられて大会の幕が下りました。

皆さんの気持ちはもう来年に・・・。

お疲れ様でした。