武花会「民謡まつり」

5月19日(日)サンピアンかわさき(川崎市立労働会館)にて令和元年の武花会「民謡まつり」が開催されました。当日は晴れ。初夏の気候は暖かさを越えた過ごしやすい日となりました。

ご来駕された各界からのお歴々の方々から式次第に従いご祝辞を賜り、続いて、竜浩会社中による津軽三味線「津軽じょんがら節六段」の合奏で第一部「ぶらり民謡(うた)の旅」の幕開きとなりました。

「津軽じょんがら節(六段)の後は「武花音頭」が演奏され、各地区の武花会民謡カルチャーからご参加の大勢の生徒さんによる合唱がご披露されました。

酒屋唄」

まず、ブログをご覧の皆様にご了承を頂きたいことがありますが、それはご参加された全ての方を漏れなくご紹介致したいのは山々ですが、編集上の都合もあり、一部の方しかご紹介できないところが多々あることを予めご了承下さい。

 

数々の唄がご披露され、竜浩会社中による「津軽じょんがら節・新節」の合奏が演奏されました。動画でお楽しみ下さい。

その後も次々と自慢の唄声が会場に流れ、メドレー曲の合唱とオリジナル民謡の合唱もご披露されました。第一部の締めは竜浩会社中による津軽三味線合奏「本調子メドレー」が演奏され、第二部「応援出演①」のコーナーに移りました。「小原会」、「杉淵会」、「和音会」、「ばくろう会」からご参加の皆さんがそれぞれ得意の民謡を唄われ、華やかなコーナーとなりました。そして、第二部の締め括りは竜浩会社中による津軽三味線合奏「津軽メドレー」により第三部「♪チョットひと息」のコーナーへとバトンタッチ。

大島五丁目カラオケ教室の皆さんによる合唱「きずな橋」が響き渡り、続いて学院カラオケ教室の皆さんによる「よされ三味線」の合唱が歌の響きを引き継ぎました。 「よされ三味線」は、神奈川県出身演歌歌手の小桜舞子さんのヒット曲であり、カラオケのお店で歌われる人気歌でもありますが、舞子さんは小山竜浩師匠のお弟子さんでもあります。昨年の10月20日「湘南台文化センター」にて小桜舞子コンサートが催された時には、竜浩会社中と共に津軽三味線の演奏と唄がご披露され、会場から大きな拍手が送られました。

武花千草先生による「仙台さのさ」は、花柳暿三素娥師匠による踊りの華が添えられしっとりと・・・。

第三部に続いて式典に移りました。武花紫緒希先生の司会進行により武花烈子お家元様と千草先生のご挨拶がありました。

 

式典の後は第四部「輝く未来」のコーナーでトップバッターは武花実乃梨さんの「秋田船方節」がご披露されました。

後に続いてお姉さまの武花麻梨乃さんによる「秋田タント節」がご披露され、若さ溢れる唄声はまさしく輝く未来を象徴するものでした。その後はお二人のお母様でもあり、民謡と太鼓の師匠でもある武花千草先生による「塩釜甚句」と「津軽三下がり」の唄声が朗々と会場の隅々響き渡り、それぞれに踊りのお師匠さんの舞の彩が添えられました。

「塩釜甚句」 踊り 浜崎麻衣師匠
「津軽三下がり」 踊り 須藤房静社中

そして、令和元年度総踊り曲 『踊りの輪』がご披露されました。

踊りの輪」 踊り 須藤房静社中

唄と踊りに続き、竜浩会社中による津軽三味線合奏「緋の段」が演奏され、第五部への橋渡しとなりました。

緋の段」

第五部「応援出演②」には、「ばくろう会」、「ミカド会」、「白戸会」、「杉淵会」、から多くの皆さんが得意の唄をご披露されました。

第六部「花の舞台」のトップを飾るのは武花栄竜先生による「長者の山」の唄声でした。その後に続いてのど自慢がご披露されました。

「長者の山」
「宇和島さんさ」

いよいよ舞台も佳境に入り、第七部「春の風ハイライト」が藤本錦秀さんによる司会進行で幕開きとなり、ゲスト出演のゴールデンショーが始まりました。

トップは武花千草先生による「津軽あいや節」が、竜浩会社中の津軽三味線によって会場に放たれ、朗々の歌声は圧巻でした。その後に次々と民謡の師匠方の唄がご披露されました。

武花千草先生 「津軽あいや節」
杉淵 薫師匠 「十勝馬唄」と「能登麦屋節」
白戸久雄師匠 「津軽じょんがら節」 「津軽三下がり」 踊り 江口和子師匠
武花千草先生 「いかとり唄」 「ダンチョネ節」 胡弓 加賀山 紋師匠
武花千草先生 「秋田飴売り唄」
武花烈子お家元 「北海三下がり」
武花烈子お家元 「喜代節」 踊り 浜崎麻衣師匠
武花烈子お家元 「津軽数え唄」 踊り 須藤静房師匠

豪華なゴールデンショーが華々しく始まり、そして烈子先生の津軽数え唄で唄い納められたら「お客様とご一緒に」のフィナーレを迎えることになりました。

「花笠音頭」

舞台と客席が一緒になって唄われた花笠音頭は、賑やかな中にも武花会のお開きを告げる唄でもあるので一抹の寂しさも漂う舞台でした。

来年お会いする約束を意味する手が舞台からお客様に向けて大きく振られると、会場からそれに応える拍手が鳴り続けるなか、大会実行委員長の武花紫緒希先生から閉会の辞が述べられ、令和元年の武花会は無事にお開きになりました。

また、来年お目に掛かりましょう!

武花烈子・千草後援会年次総会&パーティー

7月8日(日)17;30よりサンピアン川崎にて武花烈子・千草後援会の年次総会とパーティーが開催されました。

後援会長のご挨拶に始まり・・・

武花流民謡家元の武花烈子先生と二代目武花千草先生のご紹介を受け、烈子お家元よりのご挨拶、続いて千草先生よりのご挨拶があり、お二人のご挨拶にはそれぞれの思いが込められており、52年に渡る武花会の歴史は武花会を支える後援会の皆様と会運営に係る役員の皆様の並々ならぬご支援の賜物であると心よりの感謝が述べられました。

武花栄風先生が年次総会を総括してお話をされましたが、武花会創設から今日に至るまでの時代の流れと共に歩んできた武花会と民謡の変遷と最近の武花会の様子が述べられました。特に、今年の武花会民謡祭りにアメリカのポートランドから二人の女性が参加のために来日されたことは、武花会始まって以来の出来事であり、民謡がはるか海外にまでに広がって行く事に大きな喜びを感じると感慨深げにお話をされました。

また、インターネット時代は武花会にも新しい風を吹き込み、来日された女性の一人はテレビ電話による竜浩師匠から津軽三味線を、他の方は同じく千草先生から民謡を習われていると笑顔でお話をされました。更に、つい最近、カリフォルニア在住の女性が千草先生から民謡を習われていることで、今後の武花会の行く末が楽しみであると締め括られました。

各位のご挨拶が終わり、乾杯と共に和気あいあいのうちに食事とお待ちかねのパーティーが始まりました。まずは、烈子先生よる「出船音頭」が竜浩師匠と竜浩会社中女性チームの伴奏で明るく唄われ・・・

続いて、千草先生の「津軽あいや節」の唄声が力強く響きました。

舞台をお楽しみ中の皆様方。

数々の唄が披露され、津軽三味線の演奏となりました。「津軽じょんがら節」、そして趣を変えて「上を向いて歩こう」、「東京五輪音頭」などがご披露され、この様なパーティーならではの和んだ舞台風景となりました。

宴もたけなわ。と、千草先生が烈子先生と共にマイクを手に舞台中央に。千草先生の母であり民謡の師匠としての烈子先生への思いを語りながら、皆様からのリクエストにお応えして二人で交互に唄いますという特別に粋なお計らいでしたが、お話をされている途中で千草先生が烈子先生の手を優しく握られたのが、とても感動的で強烈な印象として残りました。

千草先生には烈子先生のお腹の中にいる時から民謡を聴き、2歳で初舞台を迎えて以来、今日までの人生に万感の思いがあったことは語る表情から十分に読み取れましたが、自分が幼い頃は母が自分の前にいて手を引いてくれ、そして、今は自分が前になり母の手を握る思いとは・・・。

母が幼い子を握る手は、導くために自分の手のひらと子供の手のひらをしっかりと合わせた握り方になるものですが、舞台の千草先生の手は母の手の甲を上から優しく添える様に握っています。母をいかに労わっているかが分かります。

今回撮影した多くの写真の中で、最も感動的で素晴らしいシーンと思います。

「民謡」って何ですか? と聞かれたら、その手の繋がり方が答えになるのではないでしょうか。

客席テーブルから「秋田船方節」、「南部じょんがら節」、「長者の山」、「道南口説き」の声が次々とあがりました。まずは、と、その前に烈子先生の「河内音頭」がご披露され、続いて千草先生から来年の秋田民謡大会の課題曲の「生保内節」がご披露されました。その後に順次リクエストに応えて竜浩師匠と社中の皆さんの伴奏で客席は大喜び。

楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。パーティーの締めはクイズ大会で盛り上がりました。クイズは2問。各テーブルごとのキャプテンが代表してクイズに答えます。同点の場合には最後に烈子先生とじゃんけんで決めるというルールです。景品は浴衣が2着です。

結果は以下のお二方にきまり、頂いた浴衣を重ね着してご披露しているところです。

そして、記念に合唱。お二人さんは満面の笑みで唄っていました。

そして、華やかに、賑やかに年次総会はお開きとなりました。

また、来年もお楽しみに!

第52回「武花会民謡まつり」

晴れ渡った青い空。初夏の訪れを知らせる強い陽射し。4月22日(日)毎年恒例の「武花会民謡まつり」が、サンピアンかわさき川崎市立労働会館にて開催されました。開演と共に民謡界の多くのお歴々の方々からのご挨拶やご祝辞を頂戴しながら式次第に運ばれ、民謡武花流家元の武花烈子先生による御礼の言葉によって華やかな民謡まつりの幕開きとなりました。

プログラムは第1部~8部構成の超豪華版。お迎えしたゲストの方々も交えての、唄あり、合唱あり、踊りあり、津軽三味線合奏あり、また、日頃の精進により目出度く新名取になられた方々のご紹介やチョット一息を入れる合唱演歌のご披露など、次々に展開される盛りだくさんのプログラムにお客様の掌はきっと赤くなっていたに違いありません。

今年の武花会は、第5部「輝く未来」に例年にない特別なコーナーが設けられました。三味線と唄のお稽古と言えば、師匠と弟子が対面で行なわれるものですが、現在、スカイプ・レッスンにて、三味線は竜浩師匠から、唄は武花千草先生からお稽古を受けているアメリカ在住のお弟子さんがいらっしゃいます。

そのお弟子さんがアメリカはオレゴン州ポートランドから武花会に参加するために来日され、日頃のお稽古の成果をご披露することになりました。時代とは言え、はるか海を越えた外国在住の人にスカイプでレッスンが受けられるようになったことに深い感慨を覚えます。

一人が唄い終わり、次に曲調も替わる唄の競演は、日本がいかに民謡の宝庫であり、人の心を豊かにする文化的環境に我々は生かされていると実感させられます。

合唱は、武花流民謡総師範も新人さんも一緒の舞台で声を揃えて楽しく唄っていました。

踊りは舞台に一層の華を添えて、明るくお賑やかになります。

舞台はガラリと変わり、津軽三味線の合奏が会場一杯に広がり盛り上がりました。

トリは武花流家元の武花烈子先生の唄声が響きます!

続いてのフィナーレは、幕が閉じられる予告でもあり、一抹の寂しさを感じつつ、お客様と出演者が共に来年もまたお会いしましょうという気持ちが交流する時間でもあります。

いや~、楽しかった、良かったね、の声を聞きながらお客様をお見送り致しました。

さ~てと、打ち上げパーティーだ~!                               お疲れ様でした~! かんぱ~~~い!!!

師匠は美女と並ぶと少し表情がカタメな感じ。両目開いても片目、じゃ~ありませんよ。

おや~! 千草先生に背もたれしちゃって・・・。

こちらは早くも6月の蛍狩りの相談かいな。

美女と野獣! だ~れ!? そうだって言ったのは・・・。

ご機嫌美女軍団の盛り上がり!

一家団欒の打ち上げでした。

来年も元気でお会いしましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!