蛍狩り

6月8日(土)毎年恒例となりました「蛍狩り」の予定日でした。が、沖縄・九州地方で入梅した影響を受けて、連日の低気圧・梅雨前線・高気圧のせめぎ合いがそれこそ時間単位で変化するために、お天気情報も画一化されておらず、雨100%から60%まで幅広い情報により判断が実に難しい数日間でした。前日は雨。予報は当日の夜明け前に暗雲一掃。さて、どうする? 予報を信じて出発したものの大雨でバーベキューはだめ、蛍を見たいがぬかるみで近くに行けない・・・。予報の反対を予測して雨の予想で中止したら予報通りにバーベキュー&蛍狩り日和。さ~どうする!

出した結論は「決行」。雲は厚く、しかし、少し明るめの曇り空。うん、何とか持ちこたえそう・・・に期待して一路車は千葉県に・・・。

今回はお天気の状態が不安定なこともあり、メインイベントのバーベキューと蛍狩りを最優先にして「車中で満腹にならない」、「途中にお散歩コースに立ち寄らない」ことにしたので、竜浩会保養所と勝手命名した個人の別荘宅に直行しました。現地到着してマイクロバスを降りたら、各自が思い思いの役割を決めて配置についての行動はさずがに「竜浩会」のメンバーならではと感心しました。

さ~!BBQだ!!!
霧が降っている様に見えますが、炭に着火した直後の煙です。ただ今、二人を燻製中。

あれ!? うちの師匠は別な所でBBQ? いやいや「後片付け」ではなく「先片付け」のごみ焼却中なんですよ。さすがに師匠が持っている道具は三味線の棹に見えますね。??

BBQセットに火を起こしている最中にテーブル・椅子・食材を並べ終えて、ほぼ燻製出来上がり状態の二人がほっと一息しながら食材の「お毒見中」を急いでパチリ!

並んだ食材は肉いろいろ、魚貝いろいろ、野菜いろいろ、ハム、ソーセージ・・・などなど・いろいろ・もろもろ・・・

これらの食材を華舞台へと上げて行きましょう!

さ~! そろそろ乾杯しましょう!

ハイ! もう一枚! パチリ!
師匠のグラスと箸の進むこと・・・進むこと・・・
あ~そうだね、こうだね、あんなこと、こんなこと、そんなこと、アハハ・・・、ぎゃはは・・・、ほほほ・・・、もりもり、ぱくぱく、ごくごく・・・
話は続く・・・
まだまだ続く・・・
顔の赤さが増すに連れて笑顔も続く・・・
ほっと一息ついて・・・
満腹計88.532%の状態。と、ここできれいなウグイスの鳴き声! 何と目の前の木の枝の高いところに普通は目にすることができないウグイスが!! 
絵などで見る「梅にウグイス」はメジロを見間違えて描かれているために明るいグリーンになっていますが、本物は雀よりも大きいですが、羽の色はややくすんだ茶色に近い色合いです。鳴き声からすると、まだ、成鳥ではないと思われますが、短い時間ながらその姿と声を録画しましたのでご覧下さい。(画面が小さいですが、これでもスマフォ最大の拡大画像です)

「もうお腹一杯」、「もう飲めない」の声を聞きながら「焼きソバ」が・・・

この次の画像は、焼きソバが無くなっている器なので割愛します。はい。

さ~、そろそろ片づけして蛍狩りの時間まで部屋で寛ぎましょうか!

と、ここで竜浩師匠から締めのお味噌汁のリクエストが入り、竜浩会美女軍団の手が動くと瞬く間にテーブルの上にはお味噌汁が並びました。お漬物、何故かソーセージ、大きな鉢に盛られたメロン、そして羊羹・・・と、これでもか、これでもかの満腹仕上げ素材が次々と運ばれると、あ~ら不思議、「別腹」という言葉と共にみんなすぐにお腹に消えてゆきました! 

外は暗くなってそろそろ蛍さんの出番を迎える時間だ~。後片付け開始! バタバタバタ。はい、おしまい。 出発!

さ~! 到着! 蛍さんいるかな~。橋のたもとの土手を降りてゆくと左手の田んぼで蛙さんがカラオケ大会真っ最中。ゲロゲ~ロ、ガコゲ~コ。右手の下にはせせらぎの音が川の流れを知らせ、周りは高い木々が立ち並び、あたりは街灯もない漆黒の闇。 と、ピカリ! いたいた!

いました! 昨年に比べて光の強さも大きさも大きく力強く光っていました。まだ、少し時期が早かったのか小集団でしたが、やはり蛍の光は人の心を魅了する不思議な光です。そして、ほぼ同時に合図をした様に一斉に光るのも不思議な光景です。

場所を変えて、橋の上から、奥のほうから、左から、右からと・・・、あっ! あそで光ってる、おっ! そこにも、あの木の向こうにも、あっ! 目の前に! あちこちから短い言葉が響いて、蛍の光の交響曲を満喫していました。

また、来年に会いましょう! そんな思いを残して一路車は川崎に・・・。

竜浩会の初夏の風物になりましたが、果たして来年はどんな蛍狩りになるやら楽しみです。

竜浩会「蛍狩りツアー」

一昨年、目を奪うばかりの蛍の乱舞に狂喜乱舞した参加メンバーが、夢よ再びと心を躍らせて参加したのが昨年でした。が、しか~し、なにせお天気次第の蛍ちゃん、こちらの思いを知ってか知らずか、わずか数匹でのお出迎えに一同絶句落胆の辛酸を味わい、心に深い傷跡を残すトラウマのまま一年をじっと持ちわびての今年期待の「蛍狩りツアー」。さ~て、この旅は吉と出るか、はたまた凶とでるかのドキドキハラハラの出~発!

今回もトヨタ・ハイエースコミューターという14人乗りのマイクロバスを借りて、

参加者は7人と少なめでしたが、ゆったり車内で話題は蛍ちゃんであ~でもない、こうでもないと一路「海ほたる」を通って千葉県へ。

昨年は、大BBQ大会をあなどり、車中パーティーが大盛り上がりの満腹状態でしたので、大きな反省を込めて、今年はごく控えめなお弁当で小腹にすることにしました。参加メンバーのうち、お二方がご用意して下さった自家製のお漬物でお洒落な巻き寿司があっと言う間にカラッポ。

道の駅たけゆらの里でトイレ休憩。

ツアーの詰めはなんと言っても「蛍狩り」がハイライトですが、途中のプランもお楽しみの一つ。そこで、今年は雨が降らない予想の元で「滝巡り」をすることに致しました。普段、歩く機会が少ない人たちの健康も考えて、新鮮なマイナスイオン一杯の空気を吸って、お日様にもお世話になりながら目には早めのお正月を迎えようという魂胆です。

「養老の滝」(昨日行きましたという人は別なところです)は、岐阜県に残る民話の滝として有名ですが、全国にはその名にあやかって同名の滝があちこちに存在いたします。我々が向かう滝は千葉県大多喜町(おおたきまち)の「養老の滝」です。養老渓谷と呼ばれる景勝地には主に5つの滝があり、滝巡りハイキングコースとして知られています。時間の関係で「養老の滝」、「千代の滝」、「万代(ばんだい)の滝」に絞ることにしました。

滝のイメージは、上から勢い良くしぶきを巻き上げながら、ドーっと大音響で滝壺めがけて流れ落ちるというイメージがありますが、大多喜町の養老の滝は粟又の滝(あわまたのたき)とも呼ばれ自然が創り上げた見事な深い渓谷を、横幅長く、ゆるやかに全長100メートルも続く大滝なのです。 さ~、到着。歩くぞう!

あら! きれいね!

あやめ? 花菖蒲? すいませ~ん。写真撮って下さ~い。お願いします。パチリ!有難うございます。

さ~、ここからが「養老の滝」の始まりです。滝が流れる底は泥や砂ではなく、鋭角な形状をした火成岩と思われる岩盤が極端に浅くなったり、深くなったりして趣きある風情を演出しています。岸辺に近いわずか数センチほどの浅瀬には、小魚や白い海老、そしておたまじゃくしが気持ち良さそうに泳いでおり、また、そのすぐ隣は底も見えないほどに深く掘り下がった崖状の底がただ水の流れを通しています。底の深さの違いで流れの速さも異なるので、その駆け引きある風情に魅せられます。

養老の滝は深い渓谷を成しており、流れの両側はたとえ自然が創り出したとは言え、本当に直角に近い角度の崖の山に囲まれています。ビデオでは流れから山間の映像が平面的に映し出されているのが残念ですが、実際には切り立っており、見上げる首が痛くなるほどに見事に急峻です。 あれが「千代の滝」ですね。やや小さめの滝です。

千代の滝の前でご家族がご昼食。

千代の滝から歩いて5分位のところが「万代の滝」。落差10メートルを養老川に滑るように流れ落ちるのがとても涼しげでした。

この滝を訪れていたご家族が滝壺あたりに遊んでいましたが、ちょっとビックリな光景を目にしましたので、それを締めとしたビデオをご覧下さい。

心地よく歩き疲れて、小腹も空いて、さてと毎年お世話になる方の別荘に移動!                          BBQだ!

師匠は「俺は火付け役の天才」を自称しており、火床の設置は他の口出しを許さずの強硬姿勢で周りの者はただ見守るだけ!

が、しか~し、その後が大変!!! いくら扇いでも炭に火が点かない!!! 

結局、古炭のために湿気を吸って着火しないと判断して、ドラム缶の火の中に放り込んで水分蒸発を兼ねてあらかた着火させ・・・。

ようやく網の上に食材が並びました。と、師匠はここで一息。

おつまみはこれ。

イエーイ!

今年も別荘所有者のスーさん、肉は牛・豚も部位別の数種類にウインナーも加えての多品種多量のご用意を、また、野菜もあれこれそれとた~くさん、飲み物、デザートなどなど超大型レストランの様にご準備下さり、見ただけで満腹になりそう!

スーさん、お庭から独活(うど)を採ってきて、早速、天ぷらにして下さいました。

食後は、ひょんなことから数等分したトウモロコシの食べかすを10メートルほど先のドラム缶に投げ入れるという即席ホールインワンゲームが始まりました。カズちゃんがアンダースローで試みますが、何度も外れて入りません。サングラスの男が後ろに控えて投げ手にタマを補給しています。師匠は後ろで見守ります。何度やっても駄目。サングラス男も試して駄目。うん? その男、火が点いてチャレンジ、駄目。と、見かねて師匠が立ち上がり、「俺が一発で入れるからね!」 と宣言! 衆目の中、構えて、野球のボールを投げるように放ると、何と、何と、何と、ドラム缶のど真ん中にスットーン!

ドヤ顔!

サングラス男も汚名返上で再挑戦。何度か投げてようやく成功。結局、全員でチャレンジ。その後の1回投球成功者が一人、成功者は2人でわいわいしているうちに早くも陽が落ちてきました。あ~、お腹一杯で楽しかった! さ~片付けだ!

バタバタバタと手際よく、瞬く間にキッチンの洗い物までも含めて元通りのお片づけ。外は既に暗くなり始めの出発時間となりました。

現地に到着すると漆黒の闇の世界。「いるかな~」の思いをそのまま声に出して車を降りると、光ってる~! 光の大きさが源氏蛍だけに大きい。しかし、本当には最盛期と思われる時期に一週間早いのに、それでも、こんなに沢山という声が聞こえるほどに満足しました。

スマフォでは捉える光の強さと距離の関係から群がっている光の塊の全部を納めることはできませんが、蛍が乱舞していたという証拠程度の写真をご紹介致します。本当には6個映っています。

目の前を飛んでいた三匹の光です。

漆黒の闇の空には都会では観る事のできない星たちがキラキラ輝いていて、乱舞はしないものの天空の蛍そのものでした。

北斗七星が真上の頭上に輝き、東の空に冬の星座として知られるオリオン座が弱い光を放ちながら見えていました。それだけ空気が綺麗なのでしょう。

今年の蛍狩りは、天と地の輝きに感動したツアーでした。

来年が待ち遠しいな~!!!