小桜舞子コンサート~熱唱! よされ三味線~

10月20日(土) 「小桜舞子コンサート」が、神奈川県藤沢市の湘南台文化センターで行なわれました。演歌歌手の小桜舞子さんは、子供の頃に演歌より先に民謡を唄って歌手になる素地を作り上げたようです。やがて、1992年NHK勝ち抜き歌謡選手権で優勝、翌1993年同グランドチャンピオンに輝き、更に、1994年NHKのど自慢大会(神奈川)で優勝、1995年NHKのど自慢グランドチャンピオン大会に出場、と、続く記録から今に至る道筋が培われたのでしょう。

そして、津軽三味線を小山竜浩師匠に師事して芸域の幅が広がると共にファン層も次第に厚みが増し、会場はいつもファンの熱気で溢れ、送られる声援の中には絶叫が聞かれるほどに熱いのです。

さて、今日のコンサートは二部構成でした。竜浩師匠率いる竜浩会は、二部の最初の津軽三味線組曲コーナーに参加させて頂きました。「よされ三味線」と「母娘じょんがら」です。

まずは、リハーサルの様子からご紹介致しましょう。

そして、本番さながらの最終リハーサル。

そして、本番となり、幕開き前に竜浩師匠の声と共にじょんがら節が一声に響き渡り、やがて幕が開いて三味線はじょんがら節から「りんご節」に替わり、舞子さんが「りんご節」を唄い始めると会場からの声援! 舞い落ちる雪を受けながらの舞台背景は、まさしく津軽三味線組曲にふさわしい景色でした。唄い終わると舞子さんは三味線を構えて続くじょんがら節を合奏しました。

じょんがら節を弾き終えると「よされ三味線」の前奏が始まり、舞子さんの綺麗で魅力溢れる歌声がお客様に向けて送られると大きな声援となって返ってくるという盛り上がり様でした。

ここで舞子さんから竜浩会の紹介をして頂きました。

竜浩師匠に何やらの問いかけを・・・。軽妙洒脱な短いやりとりは会場の雰囲気が一層和らぎました。

続く「母娘じょんがら」も津軽三味線のじょんがら節に導かれながら歌う舞子さんの魅力ある歌声に会場の方々から熱い声援が送られていました。

そして、津軽三味線組曲コーナーのフィナーレを迎えます。

コンサートは次のコーナーに移ります。

司会者の東 玉助師匠との洒落たやり取りも人気の一つです。

その後に数々のヒットパレードがご披露され、惜しまれながらの歌い納めの幕となりました。

津軽三味線組曲コーナー終了時の記念写真です。

華やかで楽しい舞台の一日でした。小桜舞子さんのこれからのご活躍を竜浩会一同心よりお祈り申し上げます。また、ご一緒する日を楽しみにしています。

創流60周年記念 房静流民舞発表会 ~踊りの祭典~

9月29日(土)と30日(日)、神奈川県横須賀市文化会館(大ホール)にて二代目宗家須藤房静師匠による房静流民舞の発表会が行なわれました。二日目の30日(日)、武花千草先生が唄を、そして小山竜浩師匠が三味線伴奏としてお二人揃って「歌と踊りの競演」コーナーにて特別出演の舞台に立たれました。

このコーナーの最初の曲は「新タント節」でした。

踊り手の舞いが華を添えて・・・

続いて「南部俵積み唄」が竜浩師匠の三味線から奏でられると、房静師匠と社中の方が舞台中央に舞い出て、明るくも目出度い雰囲気で華やかに。

そして、子供たちも踊りに加わった「花笠音頭」はお賑やかに・・・。

続く「帆柱起し音頭」も子供たちが中心の踊りで、特に中央の小さな女の子に会場の頬は大きく緩んでいました。

ここで武花千草先生の登場です。「会津磐梯山」の唄声が高らかに、伸びやかに響いて踊り手の舞いも乗って軽やかに。そして、このコーナーのトリは、武花千草先生の津軽小原節がご披露されましたが、途中、お里と盲目の沢市の物語で有名な壷坂霊験記の物語を浪曲の語りで織り込み、房静師匠が舞うという大仕掛けの趣向の大作でした。

幕が下りると武花千草先生に花束が贈呈されました。

そしてご挨拶を述べられてこのコーナーは幕となりました。

これからも房静流民舞研究会の益々のご発展を御祈念申し上げます。

響け民の歌声・和の共演 篁会20周年発表会

9月24日(月・祭日) 神奈川県横浜市の鶴見公会堂にて尺八・篠笛奏者の篁(たかむら)竜男先生と民謡歌手の奥様の紺野初美先生による芸歴100年と題した発表会が催されました。プログラムは6部構成で、多くのお弟子さんによる唄・尺八・三味線の演奏で華やかな舞台が展開されました。

第5部の「会主コーナー」では篁先生ご夫妻による共演のコーナーで、まずは、篁 竜男先生による尺八演歌2題が演奏されました。続いて、バックで流される演奏を伴奏として、尺八と篠笛の使い分けによる「そうらん節」、「八木節」、「金比羅船々」、「黒田節」が披露され、拍手喝采を浴びました。

次のコーナーでは、尺八と筝との共演の「田毎の月」(たごとのつき)という曲が演奏されましたが、日本の原風景を見事に表した心に響く美しい旋律は、どこか懐かしい想いを髣髴とさせる素晴らしい曲でした。

続いて、奥様の紺野初美先生のコーナー「民謡・幾星霜」は、「豊後よさら」、「新潟おけさ」、「宮津節」がご披露され会場から惜しみない拍手が送られました。

第6部の「特別出演」コーナーには民謡歌手3名が招かれ、その中の一人が武花千草先生でした。それぞれの唄い手さんは3曲ご披露されましたが、1曲目は大阪復興を祈念して大阪の民謡が、そして後の2曲はそれぞれのお国の唄がご披露されました。

武花千草先生が唄われた大阪の民謡は、「妙国寺節」という非常に珍しい民謡で、恐らく、会場にお見えのお客様も初めて耳にされた民謡と思います。千草先生ご自身もこの日のためにこの曲を勉強してきましたと仰っていましたので、これから後に続く民謡の道を志す人たちのためにも良い曲を発掘されていることが窺われました。

2曲目と3曲目は、ご両親の生まれ故郷の秋田県の民謡の「秋田馬子唄」と「秋田荷方節」がご披露され、声量タップリの聴き応えある唄声が会場一杯に響き渡りました。

篁会が今後も益々ご発展されますことをお祈り申し上げます。

杉淵民謡会 秋季 民謡まつり

9月9日(日) 神奈川県横須賀市衣笠の衣笠はまゆう会館大ホールにて開催されました。第三部<民謡ゴールデンショー> に武花烈子先生と千草先生が唄のご披露をされました。

まず、千草先生が小山流津軽三味線の小山 貢家元の伴奏に乗せて「本荘追分」を朗々と唄い上げ観客を魅了しました。

続いて2曲目は、須藤房静師匠の踊りを添えて「日本一の数え唄」を乗りのよい調子で唄われました。

舞台の替わり目に司会者が次の出演者をざっとご紹介しますが、民謡日本一になられたこと、そして民謡会の重鎮であるとして紹介されたのが武花烈子先生でした。最初に「北海三下がり」を、そして「新米山甚句」を唄われましたが、さすがの貫禄の唄声は魅力に溢れていました。

民謡は本当に心が和みます。

 

40周年記念 日本郷土民謡協会 神奈川地区連合大会

6月10日(日) 神奈川県横浜市保土ヶ谷公会堂において、一般社団法人・日本郷土民謡協会主催の郷土民謡の祭典! 「神奈川地区連合大会」が催されました。数多くの会派から日頃の唄の精進の成果をコンクールで発表するために大勢が参加され、楽しくも緊張感溢れる舞台が展開されました。

武花会から参加された方々と唄付けで伴奏した竜浩会の方々を中心に多くの写真をご紹介致しますが、全てを網羅することができませんでした事をお詫びしながらもご了承をお願い致します。

唄コンクール1部

唄コンクール2部

ここで支部推薦(1)として合奏・合唱が4つ演じられました。

その後、式典、永年表彰、功労表彰が行なわれ、武花会から武花烈子家元が永年表彰を、同じく、武花紫緒希先生、高田武幸さん、武 勢織さんが功労表彰をそれぞれ授与されました。

昼食後、オリンピック・プレゼンテーションの合奏曲「六段」が、約50名ほどの津軽三味線によって大合奏されると会場からアンコールの声が飛び、重ねての演奏が会場を迫力の渦に巻き込んでいました。

舞台は替わり「二人の絆」コンクールとなりました。二人がペアーとなって唄の絆を競うという企画で27組が参加されました。

二人の絆コンクール

支部推薦(2)では、武花千草先生の唄と竜浩師匠と小山浩梅さんの三味線伴奏によって仙華くらぶの「北海ヤンレサ節」の踊りが披露されました。

続いて「民謡百花繚乱」は、神奈川地区連合会の青少年・若手メンバーと一般募集の青少年混成による民謡民舞10曲が連続で披露されました。

武花千草先生と子供たちによる「八木節」

武花麻梨乃さんが千草先生と入れ替わり 「三崎よささ節」

ここで竜浩師匠と澤田勝成先生による津軽三味線の迫力ある競演から放たれた響き渡る音色とリズムが観客を釘付け!

緊張感溢れる舞台から一転して子供たちの背勢ぞろい。なんとも可愛らしい舞台に瞬く間に会場は和んだ空気が充満。

武花千草先生の唄と武花麻梨乃さんの踊りによる親子の「秋田おばこ」は微笑ましい景色。

幕が下り、これからの舞台が変わる雰囲気が会場に伝わります。司会者が初代名人位を受賞した澤田勝秋先生のご紹介をし終わると、幕が上がり、舞台中央の澤田勝秋先生による「澤田勝秋の世界」が始まりました。お国言葉の津軽弁は優しくも温かく、軽妙洒脱な語りは会場から多くの笑いを誘いつつ、「津軽じょんがら節」の演奏が始まると会場は凛とした雰囲気を醸し出しました。その後の「津軽山唄」の弾き唄いは、やはり津軽の人でなければ出せない心意気を感じさせました。

澤田勝秋先生による「秋田荷方節」の伴奏に菊池杜支朗先生が唄います。

華やかな舞台の後は唄コンクールが始まりました。

唄コンクール3部

唄コンクール4部

唄コンクールの全てが終了して、全国・春季両タイトル戦となりました。

支部推薦(3)となり、武花会による「やん衆音頭」の合唱が披露されました。

喜多國社中による「喜多國のソーラン節」の合唱と踊りに、武花千草先生の唄と竜浩師匠の三味線が加わり、華やかな舞台となりました。

続いて司会者から記録保持者のご紹介があり、神奈川地区連合の歴代チャンピオンとして第31回、33回、37回大会優勝者の池上武凜さんが「秋田小原節」を熱唱!

神奈川地区連合大会の締め括りはなんと言っても民謡界の屋台骨を支える歌手によるゴールデンショー!

トップバッターは武花千草先生の「北海浜節」。朗々として滔滔たる唄声は、心に染み入り、酔わせてしまう魅力に溢れています。

トリは武花烈子家元による「新米山甚句」。日本の民謡界を背負ってきた歌声は、民謡そのものを語っているかの様に聴かせます。

華やかなゴールデンショーの次は入賞者表彰式。

武花会の武 勢織さんが唄コンクール3部で優勝しました!                   おめでとうございます!

その後、それぞれの部門の入賞者、総合準優勝者と優勝者が発表され、それぞれが賞状を授与され表彰されました。みなさん、本当におめでとうございます。

閉会の辞が述べられて大会の幕が下りました。

皆さんの気持ちはもう来年に・・・。

お疲れ様でした。

 

第32回 秋田民謡普及協会 年次大会

5月5日(土)快晴の端午の節句。神奈川県の鶴見公会堂にて秋田民謡年次大会が催されました。9時30分開会。大会に参加された人は、経験の豊富なベテラン組から経験の浅い人まで幅広い多くの人たちによって構成されていました。

プログラムは「唄コンクール第一部から第五部」まであり、それぞれの部門の優勝者が最後のタイトル戦に出場できるというルールです。また、「支部推薦」を受けた参加者によるコンクールも「その1~その4」までコンクールとなっていました。

また、「課題曲コンクール」もあり、今回の課題曲は「秋田草刈唄」でした。参加者は1コーラスだけを唄って競い合うというもので、同じ歌だけに出場者の個性の違いが次々に展開されてとても興味深いものでした。

コンクールの合間に踊りも披露されて会場の雰囲気がより一層和んでいました。

続いて「タイトル戦」もあり、第31会大会保持者と記録保持者による唄合戦も緊張感のある見応えのある舞台でした。

唄コンクール第3部が終了した段階で、秋田民謡普及協会会長の武花烈子先生よりご挨拶と唄のご披露があり、第31回大会総合優勝者から優勝杯の返還が行なわれました。

そして、民謡好きな子あ・つ・ま・れと題する出場キッズ全員集合による「りんご節」が、唄、三味線、太鼓、踊りによって披露され、舞台が和んで会場の人の頬が緩んだひと時でした。

大会最後の催しの「ゴールデンショー」では各会派からのど自慢による得意の持ち歌が披露され、続いて、レコード会社専属の民謡歌手の人たちによる唄が会場一杯に流れて、華やいで輝くフィナーレを迎えました。

各部門の優勝者が発表され、次々と賞状とトロフィーが授与されるときは神妙な顔で、副賞のお米を受け取るときはニッコリ。

午後6時に閉会されての長丁場の大会でしたが、出場者には待ち遠しい一年だけに短い時間に思われたに違いありません。

 

 

 

第54回津軽三味線小山会民謡定期演奏会

4月28日(土) 津軽三味線小山会の定期演奏会が浅草公会堂で催されました。年に一度の演奏会に参加するために全国から集まった小山会メンバーで楽屋と舞台裏はラッシュアワーの電車の中状態でした。それでも笑顔に溢れて着替えをする人、出番を控えて練習をする人など開場までの間の和気藹々の風景が見られました。

12時。大合奏と共に開幕。

竜浩師匠をアップ!

次々と繰り広げられる民謡の数々が、お客様の心を掴んで舞台に引き上げての大盛り上がり。割れんばかりの拍手の嵐で開場は民謡一色に彩られました。一芸に秀でる人は多芸に通じるの通り、巧みな司会進行で心地よい流れを作りながらもご自分の唄でお客様を酔わせる心憎い演出も実に見事でした。

そして、楽屋が一瞬一点に注目が集まりました。何と!テイチクレコード専属演歌歌手の小桜舞子さんが竜浩師匠を楽屋見舞いに訪ねてくれたのです! そうです。竜浩師匠は舞ちゃんの津軽三味線の師匠です。小桜舞子オフィシャルサイト また、舞ちゃんのブログはとても人気が高いので知られています。小桜舞子のさくらむすび(アメブロ版)

楽屋は舞ちゃんの来訪で華やぎ、記念写真の撮影のラッシュ!

竜浩師匠と竜昇師匠に挟まれてパチリ!

竜浩師匠の姪御さんとパチリ!

と、いうことで今回の小山会定期演奏会は、楽屋の中も会場もとても楽しく賑やかな想い出深い時間が流れていました。

 

第52回「武花会民謡まつり」

晴れ渡った青い空。初夏の訪れを知らせる強い陽射し。4月22日(日)毎年恒例の「武花会民謡まつり」が、サンピアンかわさき川崎市立労働会館にて開催されました。開演と共に民謡界の多くのお歴々の方々からのご挨拶やご祝辞を頂戴しながら式次第に運ばれ、民謡武花流家元の武花烈子先生による御礼の言葉によって華やかな民謡まつりの幕開きとなりました。

プログラムは第1部~8部構成の超豪華版。お迎えしたゲストの方々も交えての、唄あり、合唱あり、踊りあり、津軽三味線合奏あり、また、日頃の精進により目出度く新名取になられた方々のご紹介やチョット一息を入れる合唱演歌のご披露など、次々に展開される盛りだくさんのプログラムにお客様の掌はきっと赤くなっていたに違いありません。

今年の武花会は、第5部「輝く未来」に例年にない特別なコーナーが設けられました。三味線と唄のお稽古と言えば、師匠と弟子が対面で行なわれるものですが、現在、スカイプ・レッスンにて、三味線は竜浩師匠から、唄は武花千草先生からお稽古を受けているアメリカ在住のお弟子さんがいらっしゃいます。

そのお弟子さんがアメリカはオレゴン州ポートランドから武花会に参加するために来日され、日頃のお稽古の成果をご披露することになりました。時代とは言え、はるか海を越えた外国在住の人にスカイプでレッスンが受けられるようになったことに深い感慨を覚えます。

一人が唄い終わり、次に曲調も替わる唄の競演は、日本がいかに民謡の宝庫であり、人の心を豊かにする文化的環境に我々は生かされていると実感させられます。

合唱は、武花流民謡総師範も新人さんも一緒の舞台で声を揃えて楽しく唄っていました。

踊りは舞台に一層の華を添えて、明るくお賑やかになります。

舞台はガラリと変わり、津軽三味線の合奏が会場一杯に広がり盛り上がりました。

トリは武花流家元の武花烈子先生の唄声が響きます!

続いてのフィナーレは、幕が閉じられる予告でもあり、一抹の寂しさを感じつつ、お客様と出演者が共に来年もまたお会いしましょうという気持ちが交流する時間でもあります。

いや~、楽しかった、良かったね、の声を聞きながらお客様をお見送り致しました。

さ~てと、打ち上げパーティーだ~!                               お疲れ様でした~! かんぱ~~~い!!!

師匠は美女と並ぶと少し表情がカタメな感じ。両目開いても片目、じゃ~ありませんよ。

おや~! 千草先生に背もたれしちゃって・・・。

こちらは早くも6月の蛍狩りの相談かいな。

美女と野獣! だ~れ!? そうだって言ったのは・・・。

ご機嫌美女軍団の盛り上がり!

一家団欒の打ち上げでした。

来年も元気でお会いしましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ビクター民謡まつり

3月21日(水)の春分の日、東京の渋谷区総合文化センターホール大和田4階のさくらホールにて、ビクター民謡歌手会創立55周年を記念して「ビクター民謡まつり」が開催されました。

朝から氷雨が降り、やがて霙(みぞれ)となり、そして雪に変わるという前日とは打って変わってのお天気でしたが、会場は満席のお客様をお迎えしての幕開きとなりました。(撮影・録音などが禁止のため、文字だけになりますが悪しからず)

ベテランのプロの民謡歌手20名による豪華ど迫力の舞台に加えて、踊り手の師匠連による鮮やかな身のこなしの踊りが一層の華を添えて、実にあっという間の4時間の花舞台でした。

第一部「民謡うた巡り」では武花千草先生が「秋田おはら節」をご披露なさいましたが、物悲しくも滔々とした歌声を響かせ、魅了されたお客様は大きな拍手で応えていました。

第二部「この人この民謡<壱>」は、歌手がお得意の唄をご披露するというコーナーでした。武花千草先生は「本荘追分」をご披露なさいましたが、プロ歌手が本気度100%で思いを込めて唄うとこんなにも凄いものなのかと圧倒されてしまいました。圧巻の舞台に送った拍手の手が痛くなるほどに魅了されました。

エンディングでは全員が舞台に揃って「東京音頭」を合唱されましたが、華やかで、和やかで、豪華な舞台にすっかりご満悦なお客様は笑顔で会場を後に三々五々と帰宅されました。

民謡は心の故郷と言いますが、改めてプロの民謡歌手の皆さんの歌声に魅了されて日本の伝統文化の素晴らしさを思い知りました。

 

 

 

 

 

小山貢家元襲名30周年記念パーティー

津軽三味線小山流の創設者であり宗家の貢翁から家元を襲名され、貢家元として小山流を継いで早30年が経ちました。これを記念して11月25日(土)ホテル雅叙園にて記念パーティーが催されました。

司会者から家元の生い立ちや奥様との出会い、そして家元のお人柄と弟子育成への熱い思いやお稽古風景など凝縮された30年の歴史の紹介があり、家元ご夫妻はその言葉をかみ締めるように聞き入っていらっしゃいました。

乾杯の後のアトラクションの皮切りは多くの高弟が居並んでの大演奏でしたが、大迫力の音響に客席から感動のどよめきと大きな拍手が送られました。

 

竜浩師匠の演奏の姿です。

 

その後、家元の独奏による津軽五大民謡の奏でに五人の民謡歌手それぞれが自慢の歌声をご披露。お客様は食事の手をとめてすっかりと魅了されていました。

楽しくも華やかな家元襲名30周年記念パーティーでした。