40周年記念 日本郷土民謡協会 神奈川地区連合大会

6月10日(日) 神奈川県横浜市保土ヶ谷公会堂において、一般社団法人・日本郷土民謡協会主催の郷土民謡の祭典! 「神奈川地区連合大会」が催されました。数多くの会派から日頃の唄の精進の成果をコンクールで発表するために大勢が参加され、楽しくも緊張感溢れる舞台が展開されました。

武花会から参加された方々と唄付けで伴奏した竜浩会の方々を中心に多くの写真をご紹介致しますが、全てを網羅することができませんでした事をお詫びしながらもご了承をお願い致します。

唄コンクール1部

唄コンクール2部

ここで支部推薦(1)として合奏・合唱が4つ演じられました。

その後、式典、永年表彰、功労表彰が行なわれ、武花会から武花烈子家元が永年表彰を、同じく、武花紫緒希先生、高田武幸さん、武 勢織さんが功労表彰をそれぞれ授与されました。

昼食後、オリンピック・プレゼンテーションの合奏曲「六段」が、約50名ほどの津軽三味線によって大合奏されると会場からアンコールの声が飛び、重ねての演奏が会場を迫力の渦に巻き込んでいました。

舞台は替わり「二人の絆」コンクールとなりました。二人がペアーとなって唄の絆を競うという企画で27組が参加されました。

二人の絆コンクール

支部推薦(2)では、武花千草先生の唄と竜浩師匠と小山浩梅さんの三味線伴奏によって仙華くらぶの「北海ヤンレサ節」の踊りが披露されました。

続いて「民謡百花繚乱」は、神奈川地区連合会の青少年・若手メンバーと一般募集の青少年混成による民謡民舞10曲が連続で披露されました。

武花千草先生と子供たちによる「八木節」

武花麻梨乃さんが千草先生と入れ替わり 「三崎よささ節」

ここで竜浩師匠と澤田勝成先生による津軽三味線の迫力ある競演から放たれた響き渡る音色とリズムが観客を釘付け!

緊張感溢れる舞台から一転して子供たちの背勢ぞろい。なんとも可愛らしい舞台に瞬く間に会場は和んだ空気が充満。

武花千草先生の唄と武花麻梨乃さんの踊りによる親子の「秋田おばこ」は微笑ましい景色。

幕が下り、これからの舞台が変わる雰囲気が会場に伝わります。司会者が初代名人位を受賞した澤田勝秋先生のご紹介をし終わると、幕が上がり、舞台中央の澤田勝秋先生による「澤田勝秋の世界」が始まりました。お国言葉の津軽弁は優しくも温かく、軽妙洒脱な語りは会場から多くの笑いを誘いつつ、「津軽じょんがら節」の演奏が始まると会場は凛とした雰囲気を醸し出しました。その後の「津軽山唄」の弾き唄いは、やはり津軽の人でなければ出せない心意気を感じさせました。

澤田勝秋先生による「秋田荷方節」の伴奏に菊池杜支朗先生が唄います。

華やかな舞台の後は唄コンクールが始まりました。

唄コンクール3部

唄コンクール4部

唄コンクールの全てが終了して、全国・春季両タイトル戦となりました。

支部推薦(3)となり、武花会による「やん衆音頭」の合唱が披露されました。

喜多國社中による「喜多國のソーラン節」の合唱と踊りに、武花千草先生の唄と竜浩師匠の三味線が加わり、華やかな舞台となりました。

続いて司会者から記録保持者のご紹介があり、神奈川地区連合の歴代チャンピオンとして第31回、33回、37回大会優勝者の池上武凜さんが「秋田小原節」を熱唱!

神奈川地区連合大会の締め括りはなんと言っても民謡界の屋台骨を支える歌手によるゴールデンショー!

トップバッターは武花千草先生の「北海浜節」。朗々として滔滔たる唄声は、心に染み入り、酔わせてしまう魅力に溢れています。

トリは武花烈子家元による「新米山甚句」。日本の民謡界を背負ってきた歌声は、民謡そのものを語っているかの様に聴かせます。

華やかなゴールデンショーの次は入賞者表彰式。

武花会の武 勢織さんが唄コンクール3部で優勝しました!                   おめでとうございます!

その後、それぞれの部門の入賞者、総合準優勝者と優勝者が発表され、それぞれが賞状を授与され表彰されました。みなさん、本当におめでとうございます。

閉会の辞が述べられて大会の幕が下りました。

皆さんの気持ちはもう来年に・・・。

お疲れ様でした。