創流60周年記念 房静流民舞発表会 ~踊りの祭典~

9月29日(土)と30日(日)、神奈川県横須賀市文化会館(大ホール)にて二代目宗家須藤房静師匠による房静流民舞の発表会が行なわれました。二日目の30日(日)、武花千草先生が唄を、そして小山竜浩師匠が三味線伴奏としてお二人揃って「歌と踊りの競演」コーナーにて特別出演の舞台に立たれました。

このコーナーの最初の曲は「新タント節」でした。

踊り手の舞いが華を添えて・・・

続いて「南部俵積み唄」が竜浩師匠の三味線から奏でられると、房静師匠と社中の方が舞台中央に舞い出て、明るくも目出度い雰囲気で華やかに。

そして、子供たちも踊りに加わった「花笠音頭」はお賑やかに・・・。

続く「帆柱起し音頭」も子供たちが中心の踊りで、特に中央の小さな女の子に会場の頬は大きく緩んでいました。

ここで武花千草先生の登場です。「会津磐梯山」の唄声が高らかに、伸びやかに響いて踊り手の舞いも乗って軽やかに。そして、このコーナーのトリは、武花千草先生の津軽小原節がご披露されましたが、途中、お里と盲目の沢市の物語で有名な壷坂霊験記の物語を浪曲の語りで織り込み、房静師匠が舞うという大仕掛けの趣向の大作でした。

幕が下りると武花千草先生に花束が贈呈されました。

そしてご挨拶を述べられてこのコーナーは幕となりました。

これからも房静流民舞研究会の益々のご発展を御祈念申し上げます。

響け民の歌声・和の共演 篁会20周年発表会

9月24日(月・祭日) 神奈川県横浜市の鶴見公会堂にて尺八・篠笛奏者の篁(たかむら)竜男先生と民謡歌手の奥様の紺野初美先生による芸歴100年と題した発表会が催されました。プログラムは6部構成で、多くのお弟子さんによる唄・尺八・三味線の演奏で華やかな舞台が展開されました。

第5部の「会主コーナー」では篁先生ご夫妻による共演のコーナーで、まずは、篁 竜男先生による尺八演歌2題が演奏されました。続いて、バックで流される演奏を伴奏として、尺八と篠笛の使い分けによる「そうらん節」、「八木節」、「金比羅船々」、「黒田節」が披露され、拍手喝采を浴びました。

次のコーナーでは、尺八と筝との共演の「田毎の月」(たごとのつき)という曲が演奏されましたが、日本の原風景を見事に表した心に響く美しい旋律は、どこか懐かしい想いを髣髴とさせる素晴らしい曲でした。

続いて、奥様の紺野初美先生のコーナー「民謡・幾星霜」は、「豊後よさら」、「新潟おけさ」、「宮津節」がご披露され会場から惜しみない拍手が送られました。

第6部の「特別出演」コーナーには民謡歌手3名が招かれ、その中の一人が武花千草先生でした。それぞれの唄い手さんは3曲ご披露されましたが、1曲目は大阪復興を祈念して大阪の民謡が、そして後の2曲はそれぞれのお国の唄がご披露されました。

武花千草先生が唄われた大阪の民謡は、「妙国寺節」という非常に珍しい民謡で、恐らく、会場にお見えのお客様も初めて耳にされた民謡と思います。千草先生ご自身もこの日のためにこの曲を勉強してきましたと仰っていましたので、これから後に続く民謡の道を志す人たちのためにも良い曲を発掘されていることが窺われました。

2曲目と3曲目は、ご両親の生まれ故郷の秋田県の民謡の「秋田馬子唄」と「秋田荷方節」がご披露され、声量タップリの聴き応えある唄声が会場一杯に響き渡りました。

篁会が今後も益々ご発展されますことをお祈り申し上げます。

杉淵民謡会 秋季 民謡まつり

9月9日(日) 神奈川県横須賀市衣笠の衣笠はまゆう会館大ホールにて開催されました。第三部<民謡ゴールデンショー> に武花烈子先生と千草先生が唄のご披露をされました。

まず、千草先生が小山流津軽三味線の小山 貢家元の伴奏に乗せて「本荘追分」を朗々と唄い上げ観客を魅了しました。

続いて2曲目は、須藤房静師匠の踊りを添えて「日本一の数え唄」を乗りのよい調子で唄われました。

舞台の替わり目に司会者が次の出演者をざっとご紹介しますが、民謡日本一になられたこと、そして民謡会の重鎮であるとして紹介されたのが武花烈子先生でした。最初に「北海三下がり」を、そして「新米山甚句」を唄われましたが、さすがの貫禄の唄声は魅力に溢れていました。

民謡は本当に心が和みます。