ポートランド演奏旅日記(初日編)

竜浩師匠、千草先生そして娘さんの麻梨乃さんがアメリカのオレゴン州(カリフォルニアの北隣の州)のポートランド市に演奏公演に行かれ、いずれのステージも大好評を頂き、大成功をおさめてまいりました。

アメリカと日本では時差がありますので、ここでは現地時間に統一してご紹介致しますが、9月8日(日)~14日(土)の出来事を毎日の旅日記として盛沢山にご紹介致したいと思います。

始めに、太平洋を挟んでの公演企画とその運営並びに実現に至るまでには、実に多くの方々の並々ならぬ誠意・善意とご協力がなければ決して成されるものではなく、また、それぞれの方々が費やされた経済的・精神的・肉体的な時間と労力に感謝の意を表して、できるだけ詳細にご紹介致したいと思います。

まず、この度のポートランド演奏が実現した背景をざっとご紹介致しますと、現在、ポートランド市でNPO法人の和太鼓演奏集団「太鼓八」(たこはち)を主宰している鳥丸(とりまる)ゆみさんは、竜浩師匠からインターネットによる津軽三味線のスカイプ・レッスンを受けており、今年の春に名取になりました。名取名「小山浩鳥」(おやま ことり)

ゆみさんは、憧れの竜浩師匠からのレッスンを受けた時から、もし、名取になれた暁にはいずれの機会に是非ともポートランドにて一緒に演奏をして頂きたいとの強い希望を持っていましたが、その強い希望が、太鼓演奏集団を主宰し、篠笛も演奏するほどに恵まれた才能を刺激してか、僅か2年で名取になる事ができました。

待ちに待った機会到来と早速活動を開始する事となりましたが、長年の親友であり、同時期に千草先生からスカイプ・レッスンにて民謡を習っている香月(こうげつ)さんの協力も得て、ここでは詳細を割愛するも準備・段取り怠りなく実現の運びとなった次第です。

以上ですが、ここからが旅日記の始まりです。

9月8日(日)ポートランド空港にて師匠御一行様に一年ぶりの再会は嬉しさがひとしおでした。普段はスカイプでお目に掛ってはおりますが、実際にお会いするのは別物ですね。ちなみにポートランドから日本に行く場合には武花会・竜浩会の本部でレッスンを受けていますが、その時以来の1年ぶりでした。

長旅の疲れもどこえやら、午後には早速のリハーサル。まずは、太鼓八と初お目見えの合同練習を行いました。

三味線セット中の師匠。

三味線による演奏と千草先生の声出し練習でリハーサル開始。

そこに太鼓八メンバーが加わり、合同のリハーサルが行われました。

その後は、ポートランドで着物文化を広める活動を行っているたか子さん達と週末イベントの中のコーナー「着物クラブ」でのコラボの打ち合わせとリハーサルを行いました。

やれやれ・・・。初日のリハーサルを終えてお楽しみの時間をビールレストランでほっと一息。持ち手を三味線や撥からビールグラスに変えると疲れがいっぺんに吹っ飛びますね!

さ~て、初日はここまで・・・。この話は「2日目」に続きます。