第52回「武花会民謡まつり」

晴れ渡った青い空。初夏の訪れを知らせる強い陽射し。4月22日(日)毎年恒例の「武花会民謡まつり」が、サンピアンかわさき川崎市立労働会館にて開催されました。開演と共に民謡界の多くのお歴々の方々からのご挨拶やご祝辞を頂戴しながら式次第に運ばれ、民謡武花流家元の武花烈子先生による御礼の言葉によって華やかな民謡まつりの幕開きとなりました。

プログラムは第1部~8部構成の超豪華版。お迎えしたゲストの方々も交えての、唄あり、合唱あり、踊りあり、津軽三味線合奏あり、また、日頃の精進により目出度く新名取になられた方々のご紹介やチョット一息を入れる合唱演歌のご披露など、次々に展開される盛りだくさんのプログラムにお客様の掌はきっと赤くなっていたに違いありません。

今年の武花会は、第5部「輝く未来」に例年にない特別なコーナーが設けられました。三味線と唄のお稽古と言えば、師匠と弟子が対面で行なわれるものですが、現在、スカイプ・レッスンにて、三味線は竜浩師匠から、唄は武花千草先生からお稽古を受けているアメリカ在住のお弟子さんがいらっしゃいます。

そのお弟子さんがアメリカはオレゴン州ポートランドから武花会に参加するために来日され、日頃のお稽古の成果をご披露することになりました。時代とは言え、はるか海を越えた外国在住の人にスカイプでレッスンが受けられるようになったことに深い感慨を覚えます。

一人が唄い終わり、次に曲調も替わる唄の競演は、日本がいかに民謡の宝庫であり、人の心を豊かにする文化的環境に我々は生かされていると実感させられます。

合唱は、武花流民謡総師範も新人さんも一緒の舞台で声を揃えて楽しく唄っていました。

踊りは舞台に一層の華を添えて、明るくお賑やかになります。

舞台はガラリと変わり、津軽三味線の合奏が会場一杯に広がり盛り上がりました。

トリは武花流家元の武花烈子先生の唄声が響きます!

続いてのフィナーレは、幕が閉じられる予告でもあり、一抹の寂しさを感じつつ、お客様と出演者が共に来年もまたお会いしましょうという気持ちが交流する時間でもあります。

いや~、楽しかった、良かったね、の声を聞きながらお客様をお見送り致しました。

さ~てと、打ち上げパーティーだ~!                               お疲れ様でした~! かんぱ~~~い!!!

師匠は美女と並ぶと少し表情がカタメな感じ。両目開いても片目、じゃ~ありませんよ。

おや~! 千草先生に背もたれしちゃって・・・。

こちらは早くも6月の蛍狩りの相談かいな。

美女と野獣! だ~れ!? そうだって言ったのは・・・。

ご機嫌美女軍団の盛り上がり!

一家団欒の打ち上げでした。

来年も元気でお会いしましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ビクター民謡まつり

3月21日(水)の春分の日、東京の渋谷区総合文化センターホール大和田4階のさくらホールにて、ビクター民謡歌手会創立55周年を記念して「ビクター民謡まつり」が開催されました。

朝から氷雨が降り、やがて霙(みぞれ)となり、そして雪に変わるという前日とは打って変わってのお天気でしたが、会場は満席のお客様をお迎えしての幕開きとなりました。(撮影・録音などが禁止のため、文字だけになりますが悪しからず)

ベテランのプロの民謡歌手20名による豪華ど迫力の舞台に加えて、踊り手の師匠連による鮮やかな身のこなしの踊りが一層の華を添えて、実にあっという間の4時間の花舞台でした。

第一部「民謡うた巡り」では武花千草先生が「秋田おはら節」をご披露なさいましたが、物悲しくも滔々とした歌声を響かせ、魅了されたお客様は大きな拍手で応えていました。

第二部「この人この民謡<壱>」は、歌手がお得意の唄をご披露するというコーナーでした。武花千草先生は「本荘追分」をご披露なさいましたが、プロ歌手が本気度100%で思いを込めて唄うとこんなにも凄いものなのかと圧倒されてしまいました。圧巻の舞台に送った拍手の手が痛くなるほどに魅了されました。

エンディングでは全員が舞台に揃って「東京音頭」を合唱されましたが、華やかで、和やかで、豪華な舞台にすっかりご満悦なお客様は笑顔で会場を後に三々五々と帰宅されました。

民謡は心の故郷と言いますが、改めてプロの民謡歌手の皆さんの歌声に魅了されて日本の伝統文化の素晴らしさを思い知りました。

 

 

 

 

 

「武花会民謡まつり」のご案内

毎年恒例の「武花会民謡まつり」を心待ちにしている方にお知らせを申し上げます。また、このブログで初めてお知りになられた方もご家族やお友達をお誘い合わせの上、是非ともお気軽にお越しくださいませ。

「武花会民謡まつり」は4月22日(日)サンピアン川崎市立労働会館にて行なわれます。唄、三味線、太鼓、尺八、踊りなど会場は日本の伝統文化一色に彩られ、きっと心を和やかに解きほぐしてくれるでしょう。入場料は無料です。

詳細は追って竜浩会ホームページにご紹介致しますので、ご確認くださいませ。

なお、武花会は武花流民謡と津軽三味線の竜浩会が一同に会しての民謡まつりですので、それぞれの会で弛まぬ努力を積み重ねて晴れの舞台に臨む方々の姿を目にするのも趣があるものと思います。

皆様がお楽しみ下さりつつ、応援のほどを心よりお願いを申し上げます。

なお、竜浩会のホームページのトップページに「ご案内」欄を設けましたので、武花民謡学院と武花千草民謡教室それぞれのご案内をご覧下さりたく、よろしくお願いを申し上げます。

また、竜浩会の津軽三味線教室も同じく竜浩会ホームページに常時掲載されておりますので、ご確認のほどをよろしくお願いを申し上げます。

 

 

 

武花会新年会

2018年1月14日(日)、川崎日航ホテルにおいて武花会の新年会が催されました。毎年恒例ながら、新年会を楽しみにご列席される方々は楽しそうに和んだ笑顔でご着席されていました。

まずは、武花烈子お家元からお祝いの「さんさ時雨」の歌声が竜浩師匠の三味線にのせてご披露されました。

続いて式次第に移り、乾杯の後に各界のご来賓の方々から次々とご祝辞を頂戴しました。

やがてお料理が運ばれてアトラクションも始まり、唄あり、踊りあり。

踊りにつられてカメラも手ぶれ。笑

さて、昨年の年末に竜浩会に新しいメンバーが加わりました。龍 紀佑さん(24歳)という揚琴(ヤンキン=日本語でようきん)の演奏家。台湾出身で台湾国立芸術大学・伝統楽器を専攻して2016年に卒業。海外で揚琴を広めるために2017年に来日。揚琴を教えながら津軽三味線を学ぶべく竜浩師匠に弟子入りしました。そして、武花会の新年会にご参加下さり、アトラクションとして揚琴を披露して下さいました。

右の方が原 里美さんでNPO法人華文會の代表者で通訳。左の方が龍 紀佑さんです。

演奏して下さったのは、宮崎駿監督の映画メドレーで、「天空のラピュタ」、「もののけ姫」、「ハウルの動く城」、「千と千尋の神隠し」、でした。素晴らしい演奏の一部をご紹介致します。

続いて民謡教室の方々のそれぞれのグループによる合唱がご披露されました。

そして、武花千草先生による「津軽あいや節」の歌声が会場に広がり、

フィナーレではお家元と千草先生によるお賑やかで目出度い「南部俵積み唄」でお開きとなりました。

さて、竜浩会のメンバーたちはと言うと・・・

と、いうことで食事と飲み物とアトラクションに満足した笑顔ですね。

2018年の武花会と竜浩会はこの新年会から始まりました!

 

明けましておめでとうございます!

2018年の新春を迎えて皆様にはお健やかにお過ごしの事と存じます。本年も竜浩会をよろしくお引き立てのほどを切にお願い申し上げます。

日本海側は雪に見舞われてご苦労が多い季節ですが、反対側の太平洋側は典型的な冬型の気圧配置で晴れる日が多い気候です。神奈川県の正月三が日はまさしく晴天続きで、風は冷たくも陽射しは強く、空気が乾燥しているせいか道行く人たちはマスク姿が多く見られますが、皆様も風邪などをお召しにならない様に十分にお気をつけ下さい。

2018年(戌年)のお正月にふさわしい風景をお送りいたします。富士山の右側は緑の江ノ島、手前に小船、浜辺で仲良く親子並んで揚げているタコが一つの絵になっているところが気に入っています。

のどかに明けた2018年がこのまま続きますように、そして皆様がご健康で楽しくお過ごしになりますようにお祈り申し上げます。

 

竜浩会「忘年会」

今年も早1年納めの12月「師走」。12月16日(土) 竜浩会は、楽しかった、苦しかった、悔しかったなど一年間のお稽古の締め括りを笑い飛ばして来年を迎えようと忘年会を致しました。今年の忘年会は、夕方以降に不都合なお弟子さんがおられることから昼食忘年会にしようとの師匠の粋な計らいから12時開始ということになりました。場所は川崎駅付近の「銀座 酉十郎」(とうじゅうろう と読みます)

が、しか~し、よりによってこの日に限り、しかもお昼に近い時間帯に京浜東北線の架線が切れた事故により電車がストップ! 東海道線などにも影響が及び忘年会の会場に向かっていた参加者は立ち往生。 師匠の携帯のラインに次々に入る参加者からの「間に合わな~い」という悲痛な連絡。師匠は返信に大わらわ。師匠も忙しく走り回るので「師走」の由来とも言われていますが、まさに忘年会当日は「師走」そのものでした。

京浜急行が運行しているので乗り換えたり、いろいろと工夫をしながら次々と参加者が会場に集まり始め、ようやく1時間遅れで全員揃って「かんぱ~い!」 となりましたが、全員が揃うまでは集まった人たちによるお話と笑い声で盛り上がっていました。

「何? 俺に惚れているって?」 ♪♪そ~の~わ~~け~な~いよ♪♪

「俺たち夫婦に見えるかな~」 ♪♪そ~の~わ~~け~な~いよ♪♪

竜浩会きっての真面目なお二人さん。

なが~い指のVサイン。この列の人たちのカメラ目線にご注目。

美女に囲まれてのハッピータイム。

2種のVサインとこれまた美女軍団に師匠の口元も緩みがち。

このオッサンもいつもよりも笑顔度合いがプラスの方向に・・・。

さあ~、全員が揃って宴の始まり~ハジマリ~! 食べることに夢中でもカメラを向けられると瞬間的に箸が止まるのはさ~す~が~!!!

あっはは! 2度目のカメラには、もう箸は止まらないし、カメラすらも意識にありません!さ~す~が~!!!

こちらも美味しい鳥の水炊きを堪能中。

美味しい料理を食べているとこんなにハッピーという典型的な笑顔です!

ハッピーな笑顔になるためにはこんなに真剣に取り組まなくちゃ~、という典型的な真顔です!

笑顔観音に三体の脇侍? あれ、邪鬼もいるんじゃ~ないの?

う~ん!! とってもしあわせ~!!!

こっちも! しわよせ! じゃ~ない、しあわせだよ~ん!

よく笑い、よく食べて、よくお喋りして大盛り上がりの忘年会でした。目出度くシャン、シャン、シャンと三本締めて今年の忘年会はお開きとなりました。

その後、二次会組は会場に近所のちょいとお洒落なバーに立ち寄り、軽く一杯しながらのいろいろ、あれこれ、なにやかやであっはっは~のハッピーアワーを過ごしました。

はてさてその後は、師匠と三次会組が竜浩会川崎本部の近くのいつもの中華料理屋で飲みながらの食べながらのこれまたハッピーアワーの連続で本当の締めとなりました。

忘年会はいいな~! いい師匠に恵まれ、いい仲間に恵まれ、楽しいお稽古に恵まれ、楽しい時間に恵まれ、うん、これが幸せというんだと得心する時間が忘年会なんだ!!!

来年も元気で頑張ろう!!!

 

 

 

 

 

 

 

小山貢家元襲名30周年記念パーティー

津軽三味線小山流の創設者であり宗家の貢翁から家元を襲名され、貢家元として小山流を継いで早30年が経ちました。これを記念して11月25日(土)ホテル雅叙園にて記念パーティーが催されました。

司会者から家元の生い立ちや奥様との出会い、そして家元のお人柄と弟子育成への熱い思いやお稽古風景など凝縮された30年の歴史の紹介があり、家元ご夫妻はその言葉をかみ締めるように聞き入っていらっしゃいました。

乾杯の後のアトラクションの皮切りは多くの高弟が居並んでの大演奏でしたが、大迫力の音響に客席から感動のどよめきと大きな拍手が送られました。

 

竜浩師匠の演奏の姿です。

 

その後、家元の独奏による津軽五大民謡の奏でに五人の民謡歌手それぞれが自慢の歌声をご披露。お客様は食事の手をとめてすっかりと魅了されていました。

楽しくも華やかな家元襲名30周年記念パーティーでした。

 

 

 

 

津軽三味線ふれあい体験講座

今日は近隣の中学校のふれあい体験講座として、津軽三味線の講師を務めてきました。

三味線に初めて触れる生徒さんが多かったのですが、みなさんは興味深く講師の話を真剣に聞いてくれました。

三味線の構え方や弾き方、そして道具の説明や扱い方など、実際に手にして実体験をして頂きました。みなさんに感想を聞いてみると、「テレビで見たことがあり、もっと簡単に弾けると思っていた」など、見ることと実際に手にしてみるとの違いに驚きながらも感動をしていました。

また、「日本の伝統的な楽器に触れることができて、よい経験になりました」という意見も聞かれました。

ふれあい体験講座は、特に、感性豊かな若い人たちに日本の伝統文化に触れて頂く機会を提供する場としてもっと興味を持って頂くことにより、心豊かに成長して頂きたいと願っております。

 

ブログを再開いたしました!

竜浩会ブログを楽しみにして下さった皆様には、長期間に渡り閲覧できずにご迷惑をお掛けしましたことを心より深くお詫び申し上げます。

サーバーの不具合により膨大なデータベースが破壊されただけでなく、全てが消失してしまいました。あらゆる手段を駆使して復活させる努力を試みましたが、最終的には不可能という結論に達し、新規に再開する以外に方法はないということになりました。

気持ちを新たに、また、皆様に竜浩会のブログをお楽しみ頂けるように頑張ってまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。