武花流民謡の武花烈子家元とお嬢様である武花千草さんのお二人による「民謡フェスティバル」は、竜浩社中の津軽三味線の音色と共に会場のお客様をすっかり民謡づけにしてしまいました。



「民謡の祭典」の舞台では、出演の民謡歌手それぞれ十八番の競演で会場は大興奮。津軽三味線の伴奏が祭典に、より一層の華を添えました。



毎年恒例の年末に行われる竜浩会「温習会」の模様です。日頃の練習の成果を和気藹々ながらご披露するのですが、その後の忘年会にみんなの期待が寄せられているようです。